【欅坂46・日向坂46 】全国握手会とは? 参加方法は?

音楽

ミドルエイジだけど・・・実は欅坂46・日向坂46の全国握手会やライブに行ってみたい。。ちょっと恥ずかしいけど、参加ってどうすればいいのか。。。

こんにちは!普段は社内SEですが、時にはアイドルの応援もしちゃう「やまと」です。

プロフィールのところに「坂道系」と書いていましたが、実は欅坂46・日向坂46のライブやイベントに参加するのを趣味の一つとしています。

元々アイドルには無関心でしたが、某ロックフェスに欅坂46が出演した際、僕のイメージするアイドル像と異なった世界観やパフォーマンスにとても興味を引かれました。

「時間があるときに楽曲くらいは聴いてみるか。。」くらいの気持だったのが、気付いたら予想外にハマってしまった感じです。

また、それと同時に欅坂46の妹分として活動していた日向坂46(当時はけやき坂46…通称:ひらがなけやき)も応援するようになり、かれこれ2年くらい経ったところです。

では今回は、欅坂46・日向坂46のイベントの一つ「全国握手会」について、ミドルエイジ寄りの立場でその参加方法や疑問などについて書いて行こうと思います。

全国握手会とは

そもそも全国握手会とはどんなイベントなのか説明したいと思います。

全国握手会とは、シングルがリリースされる度に開催されるイベントで、略して「全握」(ぜんあく)と呼ばれています。

全握は主に東京・名古屋・大阪 近辺の都市で開催され、初回限定版のCDを買うと付いてくる「全国握手会イベント参加券orスペシャルプレゼント応募券」(通称/全握券)を持っていれば誰でも参加する事が出来ます。

★握手会は「全国握手会」と「個別握手会」の2種類あり、その違いは、、、
①「全国握手会」…通称/全握(ぜんあく)…初回限定版のCDを買い封入されている全握券を手に入れれば申込み無しで参加可能

②「個別握手会」…通称/個握(こあく) …事前の個別握手会参加券付きCDの抽選式購入で当選すれば参加可能

★個握の記事も書いてみたので、参考にご覧ください!!

【日向坂46】個別握手会 どんな会話をするの?実例を紹介!
こんにちわ!普段は社内SE、時々 おひさまになる「やまと」です!★★おひさま・・・ おひさまとは日向坂46を応援するファンのことです! 2019年末は、年末恒例の紅白歌合戦で3坂が揃って出場するという嬉しい年越しとなりました。...

全握・個握どちらの開催も公式サイトで日程や開催場所などの告知がありますので、CDのリリース時は必ずチェックが必要です。

僕は関東圏の在住なので、東京近郊での開催の「幕張メッセ」での全握によく参加していて、電車で行くもよし、車で行っても5,000台の収容を誇る幕張メッセ駐車場のお陰で交通の便にはあまり困ることはありません。

全握券を手に入れるためには

全国握手会に参加するためには「全国握手会イベント参加券orスペシャルプレゼント応募券」(通称/全握券)を手に入れなければなりません。

欅坂46のCDは、初回限定版としてType-A~Type-Dの4種、そして通常盤が発売されます。また、日向坂46であれば初回限定版でType-A~Type-Cの3種、そして通常盤が発売されています。

これらのうち初回限定版を購入すれば全握券が付いてきます。

例えば全握券を4枚ゲットしたいとき、Type-A~Type-Dの4種類を1枚づつ購入、又はType-Aを4枚購入する形のどちらでも問題ありません。

全国握手会の参加方法とイベント内容

参加方法はとても簡単で、基本的には「全握券」を忘れず持参して会場に入ればOKです。

会場内は、全国握手会場 兼 ミニライブ会場、またファン同士がポスターや生写真のトレードを行ったりするフリーエリアが設けられる事が一般的です。

イベント内容としては、全握券1枚につきAMの「ミニライブ」もしくはPMに行われる「握手会」のいずれか1つに参加する事が出来ます。全握券を複数枚持っていればAMとPMの両方参加する事ももちろん可能です。

また、ミニライブ・握手会に参加出来ない場合は、会場内のポスター交換ブースで全握券1枚につきB2サイズのポスター1枚と交換する事が出来ます。(必ずしもお目当てのメンバーのポスターがもらえるわけではなく、ランダムに配布されますのご注意を)

全国握手会への参加によるメリット

何度か全国握手会に参加した僕の感じるメリットを書いてみます。

メリット1:気になるメンバーと事前予約が無しで握手(4秒前後かな)する事ができます。

メリット2:ミニライブの参加で、最新シングルの表題曲及びカップリングの全曲が生で聴けます。

メリット3:全握会場でしか手に入らないポスターをゲットする事ができます。。

人それぞれかもしれませんが、CDを購入し自宅で気ままに鑑賞する…これももちろん楽しめますが、実際に会場に行って多くのファンと一緒に自分の推しているグループを応援するのも一体感があってとても楽しいものですよ。

全国握手会の参加に関してのお悩み

僕もそうだったのですが最初に全握に行く前は、悩みというか不安というか色々と考えてしまい、一歩が踏み出せていない時期がありました。

その当時に自分で思っていた事や、ネットの書き込みからよくある悩みと解消方法を書いてゆきます。

①もうミドルエイジ…握手会に行ったら浮いてしまうかも…

全然大丈夫です。
10代~20代のファンが多いのは確かですが、30代~40代のファンもたくさんいて、それ以上の年代の方もよく見かけます。

もちろんお一人様のほかにも、親子連れや夫婦で参加しているファンも多く見かけますので、幅広い層に支持されていてる事がわかり、ミドルエイジだからといって浮いてしまうようなことは決してありません。

②握手目的の場合、どんな服装がいいのか…

基本的には普段着で問題ないと思います。中には仕事(?!)だったのかスーツ姿の人だったりもたまにいます。

ただ、ミドルエイジの立場であることを考えると、妙に着飾ったりするよりは、スッキリとした清潔感あるカジュアルな格好が無難と思います。また、スニーカーなど歩きやすく・疲れにくく・汚れていないシューズを選ぶとよいでしょう。

③ミニライブ参加の場合、どんな服装・装備で行けばいいのか…

服装は前述と同じで普段着+スニーカーなどで問題ありません。
また、首に掛ける推しタオル(可能なら公式グッズの通販で事前調達)も有ればいいですが、マストじゃないので無ければ無くても大丈夫。

ただ、ペンライトは1本は持っていた方が気兼ねなく楽しめます。というのも、ミニライブの際にペンライトを使い周りのみんなと一斉にチームカラー(日向坂46の場合は空色)で会場を一面染めたり、曲によっては特定の色へ変えて応援したりするので持っていた方がいいですね。

事前に公式サイトから公式版のペンライトを購入するか、もしくは汎用的なペンライト(キングブレードという商品が有名)を調達しておくのがよいと思います。(当日に会場での購入は時間が掛かるため事前購入が良いでしょう)

④相当混みそう(長く並ぶ)で体力が心配…

僕の幕張での場合は、ミニライブの開始時刻11:00に対して、待機列に9:30頃から並び10:00~10:30頃で入場しています。

ミニライブはイスなどの座席は無く、ブロック単位(200~300人?単位)のエリアをランダムで割り振られる方式で、早く着いても後方のブロックだったり、運が良ければ前方ブロックが当たったりする整理券制です。なお、当たったブロックの最前列を確保したい人は結構な早朝から並ぶ人も少なくない模様です。

遠征で参加している僕は、早朝の到着は辛いところもあり、体力温存を優先し待ち時間を抑えた入場時間でソコソコの位置で見られればラッキー…くらいの気持ちで割り切っています。

一方、握手会の方ですが、直近2回の幕張メッセでの全握においては、ミニライブ終了後から全握会場内への入場に1時間強・メンバー毎の握手待機列に並ぶ時間はメンバーにもよるけど40~50分くらい。。

まあ、それなりに並びはしますが、並んでいる間にメンバーと数秒間で何を話すか?を考えたり、曲を聴いたり・メンバーのブログを読んだりして時間は結構潰せるので、さほど苦ではないと感じています。

それから、ミニライブ待ち・握手待機列に並んでいる際、列の流れが止まっている際に小型のイスを活用するのもいいですよ。

列が動き出しても簡単に手にもって進み、止まったらまた座る、またミニライブの開演待ちの間にイスを利用する…なども体力温存に効果的です。(なお、過度に大きなイスなど他人に迷惑を掛けない程度のものを使いましょう)

僕は、コレ↓を愛用中。超軽量な約0.3kgで、サッと開き・サッと閉じてリュックに放り込めて非常に便利です!

⑤家族の手前、アイドルの全国握手会参加が恥ずかしい/言えない

これもミドルエイジならではの悩みですよね。
いい歳したおじさんがアイドルと握手なんて、白い目で見られそうで怖い…はい、お気持 良くわかります。

これに関しては、普段の生活からイベントやライブに行きやすい雰囲気を醸成しなければならないかと思います。

どういった方法で家族を慣らすのかを何点か書いてみましたので、出来る部分からやってみてはいかがでしょうか?

普段からさりげなく音源を流し馴染ませる
ドライブの時や自宅など家族が耳にする機会を狙って、ロック・ポップスのなか欅坂46・日向坂46を少しづつ混ぜて何気なく聴いてもらいましょう! 各グループとも「鉄板曲」があると思いますので、シチュエーションに合わせた曲で「結構いいんじゃない!」と思ってもらえるようになると、少しもハードルが下がるかなと思います。

欅坂46・日向坂46のテレビ番組を録画し家族にも見せる
関東限定になってしまうかもですが、欅坂46・日向坂46 共にテレ東で冠テレビ番組を持っていますね。 欅坂46は「欅って書けない?」、日向坂46は「日向坂で会いましょう」を日曜日の25:35~26:35の時間帯で30分づつ放映しています。

どちらもMCの頑張りもあってバラエティ的にも結構面白いし、特に「日向坂で会いましょう」はアイドル番組を超越して爆発的におもしろいので、きっと家族も馴染んでくれるかと思います。

家族にどう思われても気にしない
どうしても家族に馴染んでもらえそうな場合は、、自分が好きなものだから気にせずイベントに参加する強硬手段もアリかなと思います。但し、それ以外の家庭生活ではしっかりと旦那さん・お父さん役を務めて、家族からツっ込みを入れさせない事が必要かなと思います。

まとめ

全国握手会へ参加の流れや疑問点の解消などを書いてきましたがいかがだったでしょうか?

参加方法自体は簡単ですが、いざ行ってみたいと思った時に実際のどうすればいいか?について少しでも参考になればいいなと思います。

年齢的なところを気にするところはあるかもしれませんが、他のファンから冷やかすとかバカにされるといった様なモラルの低い状況に出会った事はありませんし、同じグループを応援している一体感の雰囲気の方が勝っているような気がします。

何よりもファンの皆さんが見せる、ミニライブの終了後や握手が終わった後の満足そうな笑顔を見ていると、こちらまで微笑んでしまう幸せな空間だな~…と、しみじみ感じてしまいます。

もし、全国握手会に参加したことがないよ!という方がいれば、機会があったら一度くらいは非日常の世界に飛び込んでみてはいかがでしょうか?

★さて、いよいよ2月19日(水)に日向坂46の4thシングル「ソンナコトナイヨ」の発売が決定!それに伴って発売記念全国握手会・個別握手会の詳細も決定したので、おひさまの皆さんも、これからお日様になる人も是非参加してみてはいかがでしょうか?

#006

コメント

タイトルとURLをコピーしました