お金を貯めたい!収支の見える化でムダなく貯金を増やす

資産運用

お金を貯めたいけどなかなか貯まらない。。
安全で無理なく増やすにはどうすればいいんだろう。。


世の中では「老後2,000万円問題」や「これからは老後のために投資が必要」など将来のお金に関する不安をあおるような話題をよく見かけるようになりました。

「どうすれば安全に無理なくお金が貯まるのか?」といった悩みを持っている方も多いのではないでしょうか?

いきなり投資を始めるのも敷居が高いなぁ・・・そう思った場合まずは身近なところでのお金との付き合い方を見直す活動をすると、リスク無くお金を貯められる可能性が上がります。

あたなと同じで僕も仕事がかなり忙しく、4年前まではどうにもお金を貯める思考になれませんでした。。

そこで今回は、面倒くさがりの僕でも出来た「お金を貯める方法」の取り組み方を紹介したいと思います。

お金の出入りを見える化する

お金を貯めるに際しては、まずはシンプルな形で「お金の出入りの見える化」をする事が大切だと僕は考えています。

簡単に・迷わず、自分の貯金・収入・支出がわかるようになると、今後のお金戦略も立てやすくなるので、まずはコチラを進めます。

(1)銀行口座を最小限に減らす

当時、僕は元々あった銀行口座や付き合いで作った口座など計7つの口座を持っていました。

やまと
やまと

・・・7口座もあると記帳など管理だけでも面倒くさい。。


そこでメインで使う銀行1口座だけ残し、併せてインターネットバンキングも申し込みました。

一方、ネットでの取り扱いに便利そうな「住信SBIネット銀行」の新口座を作り、計2口座のシンプルな体制にしました。

(2)クレジットカードも最小限に減らす

クレジットカードも5~6枚あったのですが、新たに楽天カードを作り、既存のカード1枚をサブとして残し計2枚体制としました。

楽天カードを普段使いのメインカードとし、あらゆる決済を集中させることで支出の把握を単純化させました。

やまと
やまと

楽天カードならまた楽天ポイントもたくさん貯まるので一石二鳥です!

(3)家計管理サービス「マネーフォワード」に登録

次に、無料で使える家計簿管理サービスの「マネーフォワード」を使う事にしました。

銀行口座・クレジットカード・ポイントカードなど連携させることで、スマホで簡単に預金額や支出・収入など家計簿を確認できるようにしました。

シンプル化することで心が軽くなる

銀行口座やカードの数を減らした結果、あれもこれも管理しなくちゃ・・・という気持ちが減って管理ストレスから解放され、非常にスッキリした気持ちになります

また家計簿管理サービスの「マネーフォワード」の利用で、簡単でシンプルに銀行口座・カード・収支状況が一括で見られるようになります。

「いくら残ってるかな?」「今月は使い過ぎてるかな?」といった自分のお金まわりの不安も減らすことに一役かってくれています。

収入を増やす

急に収入を増やすと言っても簡単に昇給する訳もなく、そう簡単なものではないですよね。

やまと
やまと

「収入を増やす」については可能だったら行う・・・くらいの感じで参考程度に思ってください。

(1)本業で収入を増やす

もし今の業務がそれほど厳しくなく上乗せして仕事が頑張れる・・・という方であれば、志願するなど仕事量を増やし収入を上乗せするのが手っ取り早い方法です。

会社内での業務の延長上なので仕事自体はやり易くコスパが高い、他の全く違う環境に行って副業をするより圧倒的に負担は少ないでしょう。

もちろん身体的・精神的に過剰なストレスとならないよう気を付ける必要はありますね!

(2)副業をする

もし、会社で仕事量が確保できない場合は「副業」が視野に入ります。

定時で仕事を上がれて時間的な余裕がある場合は、、、たとえば・・・

短時間でもアルバイトをしてみる、もしくはネットビジネスを始めたりして副収入を得る事が考えられます。

僕は前者で取り組んでいますが、いずれは副業のネットビジネスにも挑戦したいと思っています。

支出を減らす

冒頭では「お金の出入りの見える化」を行いました。

目に見えてきた支出の明細から「ムダな支出はどれか?」「削れるものは無いか?」など、よく確認してムダにお金が出てゆく事を防ぎます。

僕の場合、特に支出額が大きいものを見直し大きな効果を得るようにしました。

(1)生命保険をやめた

人それぞれの考え方があると思いますが、僕の場合は生命保険を解約しました。

僕の生命保険は 知人との付き合いで入ったもので、死亡時の家族への保険金・病気時の治療費等など万一の時のためと思って続けていました。

しかし、ネットで調べたり知識を付けてゆくと、そもそも自分の置かれた状況、日本の高額療養費制度などを考え、今の自分には不要で貯蓄で十分カバーできると判断して解約し、月に10,000円強の保険料は削減としました。

(2)格安スマホに切替えた

僕は元々はドコモユーザーでした。

しかしコスト圧縮は絶対必要だったので、2年更新時期をしっかりと把握しておき、楽天モバイル乗り換えました。

月々7,000~9,000円の料金でしたが、乗換後は2,000円以内と随分と費用を圧縮できました。回線の使用感も僕は然程は悪くは感じなかっので切替えは大成功でした。

(3)その他細かいもの

その他にも細かいところで改善と節約を行ってきました。

●視聴頻度の低い有料放送を解約した
⇒たまに観たいものがものがあるくらいで必須ではない

●飲み会は基本は参加しない
⇒送別会など多少の義理を感じる場合は出る

●飲み物はマイボトルやインスタントコーヒーに変えた
⇒自動販売機を使わない・・・塵も積もれば山になるです!

●スタッドレスタイヤの買い替えをやめた
⇒雪が降ってもバス・電車で通勤が可能なため

●余計なものは買わない
⇒雑誌は立ち読みで済ます、服はファストファッションで十分

やまと
やまと

支出の見直しって、何だかダイエットに似てるような気もしますね~

上記のように日常において「これ無駄じゃないかな?」という意識を常時持てるようになると、ちょっとしたゲーム感覚で節約を楽しむこともできます。

4.まとめ

本記事ではお金を貯める方法を大きく3つのポイントで紹介しました。

お金を貯める方法を大きく3つのポイント

・お金の出入りの見える化する
・収入を増やす
・支出を減らす


振り返ってみると収入を増やす部分については、やはりハードルが高いですね。。

僕は最近だと早く家に帰ってゆっくりする・自分の時間にあてることが、精神衛生上は良いなと思っています。

ですが、もしバリバリ仕事をする人であれば、高コスパである「仕事量増加」で稼いだ方が効率がいいのは確かだと思います。

お金の見える化のところでは、余分な銀行口座・クレジットカードを整理できたのは、管理する対象が最小になって非常にスッキリした気分になれました。

また、支出を減らす部分については、今まで目を逸らしていた・面倒くさくて放っておいたムダな固定費をしっかりと下げ、どうやったらお金が出てゆく事を抑えられるのかを考えること自体がゲーム的に楽しめたのがよかった気がします。

また、スマホで簡単に確認できる家計管理サービスの導入で、継続的に自分のお金の状況を見る事が出来るので、今後の支出リバウンドの防止にも役立ちそうです。

もし「お金を貯めたい」の気持ちが乗ってきたら、ぜひ参考にしてもらえればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました